知識は身を助ける!!

知識を身につけておいて、決して損はありません。このブログでは様々な知識や効率の良い勉強方法などなどご紹介していきます。

三国志演義ってどんなの?

f:id:tamagocchikun:20191109194443j:plain

どうも。tamagocchikunでございます。

前回までで三国志の一通りのあらすじをみてきました。

 

私が初めて三国志に入ったのは、横山光輝さんの漫画からでした。

その後は、ゲームも随分とやりました。

 

「三国志」と「三国志演技」の違い

漫画やゲームは、基本的に「三国志演義」を元にストーリーが展開されます。

主人公は、劉備であり諸葛亮孔明という形になっています。

 

初めて三国志を読んだときは、劉備、関羽、張飛の死がショックでした。

蜀に中国を統一して欲しい~~と思いましたし、孔明が亡くなってしまった時はえ~~という感じでした。

 

劉備の息子である劉禅の最低君主ぶりにも、「お前がもう少ししっかりしていれば・・・」と思ったものです。

 

三国志を読まれた方は、劉備や孔明に感情移入された方も多かったのではないかと思います。

 

漫画やゲームの元になっている「三国志演技」はいわば小説です。史実だけでは難しくなってしまう所を、演出を加えて、エンタテイメント作品に仕上げています。

 

一方の正史である「三国志」はガチガチの歴史書です。量も膨大で一般庶民には非常に読みにくいものでした。

「三国志」は陳寿という人がまとめた物です。陳寿は元々、蜀に仕えていましたが、晋に仕えました。

 

晋に仕えて歴史書を書いていますので、やはり魏に関する記述が多くなっています。

「魏書」「呉書」「蜀書」の3つに分かれて書かれています。

 

「魏書」のボリュームが一番多いです。

魏の流れをついだ晋が統一しているので、そうなってしまうのも無理はありません。

 

実はこの「魏書」の中に当時の日本の状況が記載されている部分があります。

一般的に「魏志倭人伝」と呼ばれているものです。

 

「倭には邪馬台国尾という国があり、女王が治めており、その名を卑弥呼という」

 

当時の日本は弥生時代が少し発達したくらいの感じです。

一方の中国とは、文明のレベルが雲泥の差です。

位が高い人は、豪華な衣装を身にまとい、住まいも立派な所です。

学問も発達し、戦にも様々な戦略、戦術が用いられていました。

まさしく圧倒的な差です。

 

魏志倭人伝の中に邪馬台国や卑弥呼の記述があったので、我々はその存在を知ることができました。日本にはそのあたりを記述したものがないんですね。

なので、邪馬台国がどこにあったのか等分からない部分も多いです。

そもそも邪馬台国がどこにあったのか、九州説や畿内説があったりしています。

 

正史「三国志」はより歴史を正確に記した(魏よりな部分はある??)ものであり、いまいち面白みに欠ける所もあるので、一般庶民には馴染みのうすいものでした。

 

逆に「三国志演技」は演出やフィクションが含まれており、エンタテイメント作品として非常に良く仕上がっています。

 

次回は、具体的な人物や出来事を使いながら「三国志」と「三国志演技」の違いを見ていきたいと思います。

 

f:id:tamagocchikun:20191109201011j:plain