知識は身を助ける!!

知識を身につけておいて、決して損はありません。このブログでは様々な知識や効率の良い勉強方法などなどご紹介していきます。

どんだけ強いねん!呂布登場~

こんにちわ、tamagocchikunです。 

今回も前回に引き続き、三国志のストーリーに迫っていきたいと思います。

三国時代への序章がスタートしました。

 

f:id:tamagocchikun:20191109202245j:plain

 

 

今回は、三国志史上最大の暴君といわれた董卓の登場です。

 

 

・董卓ってどんな人??

 

 

董卓はマンガ、ゲームでは、超悪役と描かれることの多いキャラクターです。

黄巾の乱で起こった各地の各地の反乱を抑えるために各地を駆け巡りました。非常に武勇に優れており、孫堅と共に戦ったりもしました。

その勢いに乗じて洛陽に乗り込み、まだ子供であった帝をおさえる事で実権を握りました。

短気な董卓、気にいらない者がいれば、バッサバッサと処刑してしまう・・・

綺麗な女性を見つければ、部下の奥さんであろうがお構いなし・・・

 

権力を欲しいままにした董卓。当然、民衆や他の武将には猛烈な不満が溜まってきます。

 

・董卓、暗殺される?!?!

 

 

曹操が董卓の暗殺を試みますが、ばれてしまい、暗殺は失敗に終わります。

曹操は命からがら洛陽を脱出します。

そして体制を整えて、地方の有力者に呼びかけて「反董卓連合軍」を結成します。

この連合軍には、劉備、関羽、張飛、そして孫堅も参加します。

 

・董卓VS反董卓連合軍

 

 

董卓に反旗を翻した、連合軍。かなりの大所帯となりました。そこで必要なのは総大将。どんな組織でも、やっぱりリーダー必要です。

言い出しっぺの曹操がリーダーになったかと思いきや、リーダーになったのは「袁紹」でした。

 

・袁紹ってどんな人?

 

四代にわたって三公を輩出した名門中の名門袁氏の出身。超エリート一家の出身です。

リーダーには超名門の出身の方がまとまるだろうという事でリーダーに選ばれました。

この袁紹、エリート一家のボンボンでした。いたる場面で優柔不断な面がでてしまい、結局大軍をまとめる器ではありませんでした。

 

反董卓連合軍は、かなりの苦戦を強いられます。連合軍がまとまり切れなかったこともありますが、これだけではありません。

董卓には、三国志史上最強の武勇を誇る呂布がついていました。

 

f:id:tamagocchikun:20191109201121j:plain

 ・呂布ってどんな武将??

 

三国志の武将の中でも、最強の武力を誇り、プラス馬術や弓術も得意でした。

最高の名馬「赤兎馬(せきとば)」に乗っていたことでも有名です。

戦の現場では、一人で駆け抜けることもでき、兵を動かすことにも長けていました。

ただ、物事を深く見ることが得意ではなく、数多くの裏切りをしてしまいます。

この呂布が巡り巡って、暴君である董卓に仕えることになりました。

 

三国志の序盤で、まさしく主役級の武将です。

 

次回は、董卓VS反藤卓連合軍の戦いがどのような結末を迎えていったのかを見ていきたいと思います。