知識は身を助ける!!

知識を身につけておいて、決して損はありません。このブログでは様々な知識や効率の良い勉強方法などなどご紹介していきます。

伏龍と鳳雛

こんにちわ、tamagocchikunです。

  

曹操は、官渡の戦いで袁紹を撃破して、勢力を急拡大していきました。

 

劉備は、いったん流浪の身になるものの荊州の劉表の元に身を寄せています。

 

孫堅、孫策も勢力を拡大していきます。孫堅、孫策とも若くして亡くなってしまいますが、その後は孫権が優秀な人材に囲まれながら、勢力を拡大していきます。

f:id:tamagocchikun:20191109201318j:plain

ここからは、劉備の視点から三国時代への流れをみていきたいと思います。

いよいよ三国志史上、最大の軍師「諸葛亮孔明」も登場して参ります。

では、みていきましょう。

 

・劉備、荊州を手に入れる??

 

荊州を納めていた劉表は、実はこの時に病にかかっていました。

その時に、曹操が大軍を率いて荊州へ攻め込んでくるという情報が入ります。

そして劉表は、劉備に対して「荊州を継いでくれ」と申し出ます。劉備はどうしたか・・・

なんとこの申し出を断ってしまいます!!

ただこの決断が劉備に転機をもたらすこととなります。

 

・水鏡との出会い

 

 

劉表の部下の中には、荊州を劉備に譲る申し出を快く思っていない部下もいました。

劉備は、劉表の部下、蔡瑁に命を狙われます。そして命からがら山中へと逃げだします。

そんな時に一人の人物と出会います。それが水鏡でした。

本当の名前は司馬徽といいます。

 

劉備は水鏡に相談します。

「私は、関羽、張飛など武勇に優れた武将がおりますが今後どうすれば良いのでしょう?」

そして、水鏡は答えます。

「武勇だけでは天下は取れませぬ。全体を見渡すことができる軍師が必要です」

 

伏龍(ふくりゅう)鳳雛(ほうすうのうち一人でも得る事ができれば天下を取れる!!」

 

伏龍が後に登場する、諸葛亮孔明の事です

 

この教えを聞いてから劉備は今後どうしていこうかと悩んでいました。

そんな時についに曹操が大軍を率いて攻め込んできました。兵の数だけ見れば全く勝ち目のない戦いとなるはずでした。

 

ところが劉備は見事に曹操軍を蹴散らしてしまいます。

 

なぜか??この時に劉備軍には徐庶が軍師として加わっていました。その徐庶の指揮の元、見事に曹操軍を追い払います。

徐庶の才能を見抜いた曹操は、徐庶の母親を人質にとり、徐庶を劉備の元から離させました。

徐庶は涙ながらに劉備と別れます。そして劉備に対して

「伏龍はこの地域に住んでいますよ。探されてはどうでしょう」

 

軍師の必要性をひしひしと感じていた劉備は、ぜひこの伏龍を軍師に向かえたいと心から強く思いました。

 

次回は、いよいよ劉備と孔明の出会いについて見ていこうと思います。

 

f:id:tamagocchikun:20191109194443j:plain